年代別で選ぶ

香典返し

価格別で選ぶ

香典返しの品は何がいいのか悩んでしまう人は多いことでしょう。葬儀会社経由でいろいろと相談にのってもらうこともできますが、お相手ごとにじっくりと品を選びたい人も居るものです。そんな時にはギフトサイトを参考にしてみましょう。香典返しといってもいただいた香典の額によってお返しする品の価格も違ってきます。通常、半返しがマナーと言われているので、現金で香典をいただいた場合にはその半額程度の品を返すようにしましょう。例えば1万円をいただいたのなら、5千円分の品を返せばいいのです。また、お相手の年代も考えましょう。年配の人に子ども用の玩具を送るのは失礼です。もちろんお相手がお孫さんと暮らしているのならそれでもいいでしょう。相手の置かれている環境なども考慮した上で、無難な品を選ぶことが大事です。一人一人、品を考えることができない場合には、よく香典返しとして選ばれている物にしてしまうのもいいかもしれません。例えば、お茶や海苔、調味料などが挙げられます。これらは日持ちもするので、どんな相手に送っても迷惑をかけることはありません。ただし、最近の若い人たちはお茶を飲まなかったり、自炊をしなかったりするので、お茶や調味料を贈られても困る人も居るかもしれません。そんな時のことを考えて、香典返し用のギフトカタログを贈るといった人も最近は増えてきています。カタログの中から相手が自由に欲しい物を選べるので、これなら問題ありません。