相手の気持ちも尊重して

家族

贈るなら喜ばれるものを

敬老の日は9月の第三日曜日で、年長の方を敬い感謝の気持ちを伝える日として知られています。敬老の日にギフトを贈るという人も少なくないのですが、何を贈ったらよいかわからないという人も多いです。敬老の日に品物を贈る場合、自分の親に贈るというのはあまりなく、たいていは祖父母やそれ以上上の世代に贈ることになります。そのため、ギフトの価格帯は3000円以下の低めの価格帯が多くなっています。敬老の日ギフトに大切なのは感謝の気持ちなので、手紙や似顔絵などを贈るという人も多くいます。必ずしもお金をかけたものが喜ばれるとは限らないのでその点はまず意識しておくべきといえます。また、敬老の日にギフトを贈ることをいやがる人もいます。年寄り扱いされているようだと感じる人も多いのです。まずは相手の意向をさりげなく確認しておくべきでしょう。その上で贈ったら喜ばれそうだと思うのなら用意するという手順にすれば確実です。敬老の日以外にも、母の日や父の日、誕生日など感謝の気持ちを伝える日はあるので、まずはそちらを優先すべきかもしれません。もしギフトを贈ることに決めたら、相手の喜ぶものを意識して選びましょう。敬老の日は毎年あるものなので、重なっても負担にならないものがよいでしょう。それとなくニーズを聞いて、それを満たしてあげるのもおすすめです。普段買えないようなちょっといいものを選ぶのも喜ばれるので選び方としてはよい方法です。