新しいお返しの方法

香典返し

相手に選んでもらう

香典返しは、故人に対してお香典をいただいた人に対するお返しです。相場はいただいたお香典の半額程度というのが一般的ですが、葬儀当日にお返しする当日返しの場合は、弔問客全員に2〜3千円の同じお返しのしなものを準備します。また香典返しには、すぐに使って無くなるものを贈るのが一般的です。不祝儀は残さないほうがいいという考え方からです。石鹸や洗剤、タオルなどの日用品の場合、使ってしまえば無くなるものであることから、香典返しの品物に選ばれることが多いです。食品の場合は、コーヒーや紅茶などのお茶類、海苔や砂糖、お菓子などが選ばれます。肉や魚は、四つ足生臭ものと呼ばれ、避けることが多く、嗜好品である酒も避けたほうが無難です。最近では、新しいお返しの方法としてカタログギフトを選ぶ人も増えてきました。カタログギフトは、もらった人がカタログのから欲しい品物を選んでもらえるのが特徴です。人によってライフスタイルはさまざまです。その人のライフスタイルに合った品物を贈ることができるということで、カタログギフトは人気となっています。香典返しによって直接贈ることが避けられる肉や魚なども、カタログギフトから申し込むのであればマナー違反でないというのが一般的となっており、本当に欲しいものをもらってもらえるというメリットがあります。ちなみに、カタログの価格設定は予算に応じて選択できるので、贈る相手を選ばないところもカタログギフトのメリットです。