壊れ物は避けよう

ギフト

カタログギフトが便利

結婚式の引き出物は郵送することもできます。結婚式出席者たちの荷物にならないようにしたいのなら、後で郵送するのもいいかもしれません。特に遠方から来てくれる高齢者などは、手荷物が多くなってしまうと帰るのも大変でしょう。このような気遣いから、引き出物を後で郵送する新郎新婦が増えてきています。ただし、郵送となると壊れ物は避けるべきです。引き出物というと、お皿のセットなどがよく選ばれています。しかし、郵送の場合、配送途中にいくら気をつけて配送をしてもらっても割れてしまうことが考えられるため、あまり適していません。できれば郵送しやすい物を選びましょう。例えば、カタログギフトにするという方法が挙げられます。カタログなら冊子が薄ければ、普通郵便で送ることも可能です。配達料も低料金で済みます。それに、相手が自由に好きな物を選べるという点が便利です。欲しい物を注文できるため、どんな人にも喜ばれることでしょう。何よりも、新郎新婦が引き出物選びに頭を悩ませることもなくなります。手間などを考えた上でカタログギフトが有効的だということは誰にでも分かるはずです。また、物によっては郵送ではなく、宅配を利用することもあります。中身が引き出物なので、取り扱いには十分、配達の人に気をつけてもらいましょう。郵送なら簡易書留といった形や速達といった形にすることもできます。相手にきちんと品物が届いたかどうか確認するためにも、無難な方法を選択しましょう。