香典返し

年代別で選ぶ

香典返しの品はいただいた額の半返しが一般的です。また、相手の置かれている環境や年齢などに合わせて無難な物を選びましょう。どうしてもこれといった物が思いつかなければ、香典返し用のギフトカタログを贈るというのもおすすめです。

詳しく見る

参列客の負担を減らす

女性

費用も軽減

結婚式に参列したとき、帰りに大きな紙袋に入った重い引き出物を持って帰ったことがある、という人は多いでしょう。引き出物は結婚式に参列してもらったお礼の品のことで、食器セットやキッチン用品など大きくて重たいものも多いのが現状です。遠方から来る参列者にとっては大きな荷物が邪魔で持ち運びに苦労したり、二次会などに参列した後、引き出物をどこかに忘れてきてしまったという人もいます。そんな悩みを解消するサービスが最近注目されています。引き出物を郵送してくれるサービスです。引き出物宅配サービスとも呼ばれていますが、結婚式当日ではなく、後日郵送で自宅まで届けてくれるサービスです。人気の理由は、参列客は身軽で帰宅することができ、金額の異なる引き出物の取り違えも避けることができるからです。郵送することで、参列客の負担を減らすことができる点が理由といえます。また、通常の引き出物と比べてリーズナブルに利用できることも魅力です。式場を通して準備すると、商品や紙袋が割高で費用がかさむことがあります。また持ち込む場合は持ち込み料がかかることもあります。引き出物宅配サービスを利用することで、商品を自分で選び費用も軽減できる可能性があります。そして、参列客によって贈り分けしやすいのもメリットです。ご祝儀の金額や役職、関係性によって品物を贈り分けするのが一般的ですが、紙袋や箱の大きさなど見た目でわかってしまうことがあります。自宅に郵送するシステムなら、誰がどのような引き出物をもらったかわかりません。その点も、引き出物宅配サービスが人気である点です。

贈り物

大切な日の贈り物

大切な敬老の日には、ギフトを贈りましょう。お花や手作りの手紙や絵、それぞれの趣味に合ったもの、カタログギフトなどがおすすめです。しかし、どのようなものであっても、感謝の気持ちを込めることが一番大切です。

詳しく見る

ギフト

壊れ物は避けよう

結婚式の引き出物は出席者にとって荷物になってしまうことがあります。それを配慮して、後で郵送するといった方法も最近は増えてきています。郵送の場合、割れ物は避けましょう。また、カタログギフトなら普通郵便でも送れるので便利です。

詳しく見る

香典返し

新しいお返しの方法

香典返しは、すぐに使って無くなる日用品やお茶やお菓子などの食品を贈ることが一般的です。最近は新しいお返しの方法として、カタログギフトを選ぶ人も増えてきました。カタログの中から欲しい品物を選んでもらえるのが特徴で、相手にとって本当に欲しいものを贈ることができるところがメリットです。

詳しく見る

家族

相手の気持ちも尊重して

敬老の日にギフトを贈ろうと思ったら、まず相手の意向を確認しましょう。敬老の日を祝うことを喜ばない人もいます。贈ることにしたら相手が喜ぶものを贈るようにしましょう。孫からなら手紙や似顔絵なども喜ばれます。

詳しく見る